闇金 警察 被害届

闇金の被害届けを警察に出す方法

闇金 警察 被害届

闇金について警察に訴えたくても「警官に話を聞いてもらえなかった」なんて話はネットなどで調べるとゴロゴロでてきます。実際に闇金被害の相談に交番に行っても、話半分に聞かれて追い返された経験がある人もいるんじゃないでしょうか。

警察に闇金について話を聞いてもらう方法をお教えしますから、この方法の通りに警察に行くようにしてみてください。きっとあなたの話を真剣に聞いてくれるようになりますよ。

闇金の被害届けが出せなかった3つの理由

闇金の被害届けを出そうとしても認められない時があるのはなぜか?それには大きく分けて3つのワケがあるようです。

1, 証拠不足
闇金に悩まされている証拠になる物がなく、ただ被害を受けたとしか言わなかった

2, 担当者の不在
担当の警察官が席を外していて他の警官が話を聞いていた

3, 知識不足
警察官の知識不足から真剣に受け止めてもらえなかった

被害届を出すには証拠不足

警察は犯罪行為を防ぎ、違法行為を行う者を逮捕する組織ですが、えん罪で無関係な一般人を拘束することのないよう証拠を重視しています。携帯やスマホを持ってきて、「○○金融って闇金から脅されてる」というだけでは動けません。

闇金に狙われて被害を受けている証拠もなく手ぶらで相談しに行っても、あなたが期待するような対応をしてもらえません。

警察署担当官の不在

警察署の生活安全課には数多くの警官が所属してますが、必ず担当の警官がいるとは限りません。他の犯罪行為にまきこまれた人に事情を聞いていることもありますし、時間帯によっては部署に人がいないこともありえます。

警察署に被害届を出しに行く前に電話で訪問内容や時間を伝えておくことで、担当官の不在は避けることが出来ます。

担当官の知識不足

残念なことに一言で警官といってもレベルもさまざま。面倒くさがりややる気のない警官もいないとはいえません。

生活安全課に配属されて間もなかったり、単純に知識不足からとんちんかんな対応をされることもあります。

証拠も準備して被害届けが出せる状態であっても、なにかと言い訳をして被害届を出させない警官にあたってしまったら、別の担当官に交代してもらったり近くの別の警察署に行ってみるなど対策が必要かも。

警察には相談ではなく被害届を出すと伝えるコト

警察には相談ではなく被害届けを出しに来たと伝えましょう。まず闇金被害を警察に訴える場所は交番ではなく最寄りの警察署の生活安全課に!

交番は周辺地域の安全維持やトラブル解消が主な役割なので、闇金被害を伝えても実際に動いてくれることはまずありません。自らの勤務範囲からかけ離れた事態には対応できないんです。

また警察署にはさまざまな人が相談に来ますが、なかには自分の不手際やミスを犯罪のせいにしたり細かな近所トラブルを大騒ぎする人もいます。

犯罪にまきこまれた証拠があり被害届を出すぐらいじゃないと、ただの相談や雑談ですまされて何もしてもらえないまま返されてしまったり、民事不介入問と言われてしまうことになります。

ただ警察に闇金の被害届を出そうとして出せない人も確かにいます。なぜ出せなかったのは次で説明していきますね。

どんな物が闇金被害の証拠になるのか

警察に闇金の被害を受けていると信じてもらえる証拠とはどんなものなのかを説明します。

  • 闇金からのSNSでの個人間融資(LINE・Twitterなど)DM(ダイレクトメール)や契約書
  • 金融機関に見せかけた闇金サイトのアドレスのメモや画面を印刷
  • 闇金からの電話の録音
  • 闇金への振り込み用紙
  • 家の玄関やポスト、ドアなどに嫌がらせをされている写真
  • 深夜や早朝に何度も電話されているスマホの着信記録

ここに書いてあるもの以外でも闇金に関係しそうな物は持って行くか、リストにしていつでも見せられるようにしておくと証拠として役立ちます。

近頃はスマートフォンであれば通話内容が録音できるアプリも充実してるので、無料の物でかまわないんでインストールしておきましょう。

一般の貸金業者に見せかけた闇金サイトであればブックマークしておいたり、スクリーンショットで保存しておくのでも十分証拠になるものです。

警察に被害届けを出してもお金はまず戻らない

警察に被害届を出しても今まで払ったお金が返ることはほぼありません。警察が闇金被害者に返金できるのはあくまで闇金業者が持っていた財産を分配するだけで、返金があったケースでも1割も戻ってこないこともザラ。

あくまで警察は犯罪者を拘束し繰り返される違法行為を止めるのが目的で、被害者救済は第一の目標じゃありません。

あなたがお金を取り戻すには別の相談先に任せましょう。

お金を取り戻すための相談先

闇金から被害額を取り返すには弁護士や司法書士といった事務所の力を借りましょう。闇金にだまし取られたお金は取り戻すことが出来ます!

闇金解決には泣き寝入りしないで闇金対応の法律事務所・法務事務所に話を聞いてもらうことが先決。

近頃は闇金による被害を解決する弁護士・司法書士と無料相談できる窓口もネットで検索すれば簡単に見つかりますし、法テラスや弁護士会・司法書士会で紹介してもらうこともできます。

こういってはアレですが、闇金からお金を取り戻すなら警察が逮捕前じゃないと全額取り戻すことは難しいので早めに相談・依頼することを考えてみて。

弁護士などの肩書きがあれば警察に闇金被害を訴えるハードルは下がります。警察も法律関係者には弱いですからね。

闇金に返済を迫られていた生活を建て直すにもお金はあったほうがいいので、闇金業者から取り返せる物はきっちり取り立ててしまいましょう。。

まとめ

闇金について警察に訴える方法を説明してきましたが役に立ったでしょうか。警察に被害届を出しても捜査をする時間もありますから、いますぐ警察が闇金からあなたを守ってくれるとはいかないのが現実。

ですがあなたが訴えることによって次の被害者がいなくなる手助けができます。ただし、あなたも闇金に関わるような借金をする生活からは抜け出さないと、いつまた闇金にダマされてしまうかもしれませんよ。

無駄遣いはしない、生活費は確保してから趣味に使うなど、あなた自身の生活を見直すようにしましょうね。